カードローン審査 落ちる理由

カードローンの審査に落ち続ける。その理由は?

カードローンの審査に落ちる理由

何度、何処のカード会社に申し込んでも審査に落ちる人がいます。カードローンの審査に落ちるのには必ず落ちる理由があります。

 

カードローン 審査に落ちてばかり

ここで問題なのが、本人が審査に落ちる理由に自覚症状がない事です。何となく自覚症状がある人は、もしかしたらあの件かな?等大体察しがつくのですが、自覚症状がない場合はかなり重傷ですね。こればかりは仕方ありません。

 

問題の審査に落ちる人。
カードローンの審査に落ちる人は、先ず、信用情報に問題がある人が多いです。

 

意外に信用情報は簡単に傷がつきます。これも消費者金融のさじ加減一つです。ここがある意味怖い所です。
信用情報に関しては、全く予想が出来ない部分があります。

 

「現在の職場での勤続年数が短い」ということが審査落ちポイントになることがある

カードローンの審査に落ちる人には、大体共通点があります。先ず、お金を貸す側からしてみると、当然、最低条件として安定継続収入を求めます。

 

そして、何の信用情報に傷がついてない人でも呆気なく審査に落ちる理由があります。一番多いのは勤続年数が極端に短いと直ぐに弾かれます。これだけは致し方ありません。

 

勤続年数をサバを読むのもアリと言えばアリですがかなりダーティな手段になりますね。ここはそこまで賭けに出る必要はないと思います。

 

後は、申し込みブラックの可能性もありますね。一気に4社も5社も申し込むとこの状態になります。一般的に申し込みブラックにならない為の申し込みの数は3社以内とされています。これを守っていれば申し込みブラックにはならないでしょう。

 

後は、カードローンの審査で落ちる理由は、現在は総量規制と言う収入の3分1を超えて貸さないと言う法律がありますが、3分1に達していなくても多重債務と判断されれば、審査に落ちる可能性が高いです。

 

後は、年収が低すぎるケースも最近では多いですね。なかなか収入だけはコントロール出来ない部分が多いですからね。年収が低いと言っても普通に働いていれば、それなりの年収はあります。アルバイトなどの人がこのケースに該当します。

 

審査一番甘いカードローンはどこ?他社複数審査落ちした人もOKウェブ トップページ